車のタイヤは定期的に交換が必要【ディーラーなどにチェックを依頼】

タイヤ

車の部品の経年劣化

タイヤの製造年月日は側面の4桁の文字で確認ができます。一度自分の車のタイヤを確認し、製造から5年を越えているようなら、走行距離が短く溝が十分残っている場合でも劣化が進んでいる可能性があるので、タイヤの点検を整備時に依頼するのが良いでしょう。

車の安全運行のために

タイヤ交換

消耗部品の交換時期

車は走行を繰り返すうちに様々な部品が消耗、劣化するため、安全運行のためには適宜交換をしていく必要があります。エンジンや電気系統、コンピューター等の内部機構は整備工場にチェックしてもらう必要がありますが、日常的にドライバーがチェックを意識しておくべき部分も多々あります。安全運行のために特に注意しておく必要があるのが、オイルとタイヤでしょう。一般にオイルは5000km走行ごとに交換すべきということが知られており、比較的短期間で交換をするため意識している方も多いですが、タイヤは交換間隔が年単位になることが一般的で、日常的にチェックする習慣を持っていない方も少なくありません。連日神経質になってチェックする必要まではありませんが、季節の変わり目ごとに1回はタイヤの溝の深さや、側面にひび割れが生じていないかを目視確認する習慣は持っておいたほうが良いでしょう。新品のタイヤは溝が8mmあり、法律で1.6mm以下の溝のタイヤで走行することは禁止されています。溝が浅くなってくるとタイヤのスリップサインが表面に出てくるので、それが出たらすぐに交換しなくてはなりませんが、その兆候が出たところで前もって交換するのが理想的です。一応の目安として、5千キロ走行するごとにタイヤは1mm磨耗することを頭に入れておくと良いでしょう。新品のタイヤの溝が6mm磨耗して残り2mmとなれば交換間近ですが、単純計算で3万km走行すればこの状態となることが予想されます。そのため、走行が2万kmを越えたあたりで一度ディーラーなどにチェックを依頼し、あとどのくらい後で交換するべきかの目安を見積もってもらい、メモに残しておくようにしておけば、後であわてて交換するような事態は避けられるでしょう。

作業員

車を長く使うために

車のタイヤはメンテしだいで寿命が大きく変わります。一番重要なのは空気圧を常に適正範囲に保つことです。これ以外にも日光や雨を受けにくい箇所に駐車することで経年劣化を抑制できるので、普段からタイヤをいたわることを意識しておきましょう。

作業員

購入の際のポイント

タイヤを通販で購入する場合、まず持ち込みでタイヤを交換してくれる店をさがすことが大切です。交換してくれる店がみつかったら、実際にタイヤを購入することになりますが、海外の格安メーカーのものもあります。品質が劣っていることもありますので、よく考えて購入しましょう。

タイヤ

スタッドレスの保管方法

スタッドレスタイヤは一般的に保管している期間が長いため、保管方法によってその寿命が大きく変わってきます。タイヤをいい状態で保つことは費用面だけでなく、車の安全性を保つことにも影響するので注意して保管をする必要があります。

タイヤ交換

通販サイトの注意点

タイヤを購入する手段は店舗から買う方法と通販サイトがあります。通販は安さを武器にしていますが、取り付けは別にしなければいけません。寸法を間違えると取り付けそのものができません。サイズを確認し、取り付け方法を予め検討しておくことが良いです。