車のタイヤは定期的に交換が必要【ディーラーなどにチェックを依頼】

スタッドレスの保管方法

タイヤ

スタッドレスの保管方法

スタッドレスタイヤは保管方法によって寿命が大きく変わります。その大きさゆえに保管場所がなく、外に放置してしまうケースが多いですが、タイヤはそもそもゴムと金属でできており、湿気や紫外線によって劣化することがあります。スタッドレスタイヤは冬季のみの使用となるため保管期間が長くなります。ですから正しく保管を行うことが重要となるのです。理想的な場所は湿気や温度が一定に保ててかつ通気性の良い場所です。外気に触れる場所であれば当然湿気や温度差による劣化が発生します。また倉庫などに保管しても倉庫そのものが日当たりのよい場所にある場合は、若干の差は出るものの、タイヤの傷む状況には当てはまります。タイヤショップなどで有料のお預かりサービスがあり、保管のプロに頼むことが確実ですが料金の高さに世手は一般家庭では利用しにくいこともあるでしょう。では自宅で保管する場合はどのような点に気を付ければよいでしょうか。まず、利用が終わったところで一度タイヤをきれいに洗い汚れを落とします。そしてビニール袋に包み専用カバーで覆い、直接外気に触れないように保護し直射日光の当たらない場所に置いておきます。屋内スペースがベストですがやむなく外に置く場合は盗難防止などにも気を付けましょう。置き方はホイールがついていれば重みで変形しないように縦置きにして、タイヤのみの場合は横置きにしておきましょう。タイヤをいい状態で保管することは費用的なことももちろんありますが、一番は車の安全性を保つことに繋がりますので注意しましょう。