車のタイヤは定期的に交換が必要【ディーラーなどにチェックを依頼】

通販サイトの注意点

タイヤ交換

サイズと取り付け

現在はなんでもインターネットを利用して調べることが出来ます。商品価格を比較するサイトもあり、タイヤを購入する時も価格の比較をする人がおられるでしょう。現在、乗っている車のタイヤが減って交換しなければいけない業況や冬に備えてスタッドレスタイヤを購入するような状況であれば、できるだけお値打ちな購入をしたいと考えるのは自然なことです。ただ、タイヤの激安通販サイトで購入するもトラブルが後を絶たず、せっかく安く購入しても問題が生じれば意味がありません。そこで、購入時の注意点を押さえておきましょう。まず、自分の車のタイヤのサイズをしっかりと把握しておきましょう。タイヤの幅・偏平率・ラジアル構造・リム径(インチ)などのタイヤ側面に記載されている記号を正しく認識し、同じものを購入しなければいけません。タイヤのみを購入する際に問題となるのは脱着バランス工賃です。インターネットの激安購入をするも、取り付けに掛かる工賃が別となるため、配送後にタイヤショップや整備工場に持ち込んで取り付けてもらう必要があります。取り付け工賃はサイズごとに異なります。購入店舗での取り付けが一般的となります。近年、定価販売が難しいタイヤは値引き販売が当たり前で、ネット販売や自動車グッズ販売店、専門店、ホームセンター、ディスカウントショップ、ガソリンスタンドなど市場が広がったことで、価格競争が激化し、製品販売の利益が少なくなっており、取り付け工賃も利益の一部となります。他店で購入して持ち込む場合、持ち込み料金が取られるでしょう。持ち込んだ挙句、サイズ不一致となると返品不可能なケースが多いので、サイズを確認し、取り付けのことを予め調べておきましょう。